2017年11月29日水曜日

お味噌づくり

毎年開催していたお味噌づくり。
マスターが患い、お店を閉め、開催は難しいと思っていたけれど、
今年もギリギリになりましたが開催できることになりました。

急に決まって、バタバタと周囲に声を掛けてみましたら、
あっという間に定員になり、嬉しかったです。
逆に、急すぎて、参加できなかった方々、ごめんなさい。

キッチンがついた会場を貸してくれる方が現れ、
マスターも頑張って料理を作って、
私も頑張って大豆を茹でます(笑)

マスターは、元気なころに比べてだいぶん小さいサイズになってしまっていますけれど、
気力充分、感性鋭利、ポジティブシンキングです。
大事な時期、口に入れるものには特に気を付けています。
実は、マスター。病院食を食べていません。注文すらしていません。
断続的に続けている抗癌剤の副作用も、
ドクターや看護婦さんが感心するくらい軽いそうです。

今度のお味噌づくりの時には、ちょっと髪の毛が抜けているかもしれません。
ご本人は、それが楽しみのようですが。

↓大豆5キロ。浸水中。
 
↓野菜室が、麹で占領されております。




2017年11月17日金曜日

島国根性か(笑)

素直じゃないことは、もったいないなぁ・・・・
と思うことがあります。

外をまずは拒絶する、よくいうと保守的というのは、島国根性なのかなあもと思います。
大陸文化は、新しいものも古いものもとりあえずは受け入れ、
そこにはお互いにストレスもなく、それそれが重なり合うこともなくけんかすることもなく、
それぞれに個性を保ちながら混在できる懐の広さがあります。
悪く言えばガチャガチャなのだろうけど。

日本人は、秩序や規則を重んじるばかりに、自分の個性や心の声を封印してしまうような、
お利口さんの欠点もあるような気がします。

自分に軸ができていれば、他を受け入れても、自分がガチャガチャになることはありません。

「〇〇〇だから、〇〇〇できない」ではなくて
「〇〇〇したい!」という自分の直感が、その人をその人の正しい運命に導く、
そういう反射感覚は、太極拳と食が研ぎ澄ませてくれると感じています。

私にも、日々いろんなことがあって、百喜百憂し、瞬間瞬間で取捨選択をしていて、
それはいちいち考えているわけではなく、なんとなくの感覚なんだけど、
あまり間違っていると思わない。
でも、もっともっと素直になりたい。
あまりにも素敵な話に出会うと、私の元来の「幸せ回避症」が、
「いや、こんなうまい話があるわけがない」というネガティブ思考にしてしまうのだけど、
ここは素直に受け入れて、まずはやってみよう!という強い私になりたいな。

先日、上海蟹を食べる機会がありました。
蟹の胴体の黄色いところは苦手だったんだけど、あまりに薦められて食べてみると・・・
ビックリの美味しさ♡
素直って、美味しいのだね!!

2017年11月3日金曜日

ついに出た・・・

蓄積した疲労により、ついに、私の身体のバランスが崩壊してしまいました。
昨夜、レッスン中に、突然の蕁麻疹・・・

会社、太極拳、資格の勉強と、睡眠時間があまり取れない日が続いて、
しかも交感神経がかなり亢進していたので、疲れていることにまったく気づかないという始末。
「おい、キャパ超えてるよ」と身体からのメッセージ。

一晩、ゆっくり寝たらよくなりましたが、
また夕方になると出始めました。
かゆい・・・(笑)
ということで、久し振りにブログなど書いて気晴らし♪

今お勉強しているテキストに、とてもいいことが書いてありました。

「他の人に指導することを決めた時、それは多大な責任を引き受けることを意味します。
指導は専門的職業の中でも崇高な職業の1つです。
皆さんは、他の人々のために知識を授ける機会が与えられます。

生徒は、自分達が個人として尊敬・尊重されることを信じ、そして皆さんと共に過ごす時間の中から、何かを得られることに期待して皆さんのところへ来るのです。
そして指導においては、生徒の健康や快適な暮らしに大きな影響を与える機会が与えられます。
つまり、皆さんは生徒の人生を変えることができるのです。
生徒と一緒に行うエクササイズなどを選択する際、この認識を常に基本としてください。
賢い選択を行ってください。
(中略)
偉大な指導者となるためには、多くの年月を要しますが、皆さんが誠意や誠実さをもって生徒を指導することで、生徒もこれに応え、皆さんの熱意が良い指導者から偉大な指導者へと導いてくれます。」

まさに、私も、いつもこういう気持ちで指導をしています。
最初から「偉大な指導者になろう」と言って偉大な指導者になることはできません。
日々、太極拳の良さをどのように伝えたらいいか、
生徒ちゃんの不調をどのように解消したらいいか、
そういうことを考えさせてくれる生徒ちゃんたちが、まさに、私を育ててくれているのです。
「偉大」という言葉の定義はわからないけれど、
私は、「ただの指導者」にはなりたくない。
その人の人生の、「糧」になるような、そういうものを汲み取ってもらえるように頑張らなければと、いつも考えています。

まぁ、熱い(笑)
交感神経、亢進してますでしょ??

最近、六本松が、にわかに都会になりました。
そこのスーパーに売っていたお菓子。。↓ほぼ餡子。
これ、大好きで、中華街に行っては買いだめしていたお菓子なのですが、
中華街のお店では、こんな小切りではなくて、大きなのが買えました。
ここは福岡六本松。割高だけど仕方ない。飛行機代だと思おう。
さ、勉強勉強っ(^_^;)