2017年9月22日金曜日

私はいたって真面目です

あんなに食べていた、きゅうりとバナナとトマトソースを、
まったく欲しなくなった今日この頃。

行動より思考の時間が多くなり、
ニュースより音楽が聴きたくなったり、
バスの中で爆睡したり・・・・?
秋だなぁ。

毎年体育の日に開催される「福岡市武術太極拳交流競技大会」、今年も参加します。
楽しくやりたい、いちにの会。
しか~し!!(笑)
注意事項に

 あ、私達は大声を出したことはありませんし、他チームからクレームを受けた事もありません。
むしろ、観ていた方々からお誉めの言葉をいただきました。

ほんとイヤらしい(>_<)
殻を破ると叩かれる。どこにいても、私の宿命なのですが。

この大会の運営は、毎年持ち回りで各団体が担当をするのですが、
10年位前かな?私の団体が運営担当になって、私が初めてパンフレットの作成を担当した時、
皆が捨てずに、思い出としてとっていてくれるような素敵なものを作ろうと思いたち、
表紙に挿絵を入れ、レイアウトも見やすく変更し、結構頑張りました。
特に費用が掛かったわけでもないのに、
ある役員から「こんな邪魔くさいもの載せて。今までのほうがよかった」とキツイ言葉を浴びました。
でも、皆は誉めてくれました。
そして、その年から、表紙は挿絵入りになりました(笑)

そういうことが、私のいる太極拳環境では多すぎる。
学びたい人が学ぶ自由を制限され、能力がある人が引き上げられる機会に恵まれず、
情報も制御されていて、ずっと井の中の蛙のまま。

それだと、業界自体が廃ってしまうのに。

協調性とは、人の言いなりになることではなくて、個性が調和することだと思います。
世渡り上手なんて言われたくない。

でも最近は、「結局私が思った通りになるんだよね☆」ということが多いので、
腹も立たなくなりました。

余談ですが、私の父の、幼少期のアウトローぶりはすごいです。ある意味1人学級?
小学6年生のクラスの集合写真。一人だけ、よその国の子供みたいでした。。。すべてが(笑)
写真を見せられて「どれがお父さんかわかる?」と聞かれたので、
「この子では、ないよね?」と言って、真っ先に指をさした先に映っていた子が父でした(笑)
(そういうのはイヤです。)

名刺を作りました。

もらった人が幸せになりますようにと、思いを込めて作りました。
裏面の金色のハートがポイントです。金運も・・・・(笑)
ハ行とマ行って、ここちよい響きで好きなんです。

2017年9月11日月曜日

傅先生 栁丁へ

傅先生一行は、木曜日に福岡入りされましたが、
金曜日の夜は、マスターと私のたっての希望で、栁丁にお連れすることができました。
マスターとも4年くらいになるかな。
マスターは、傅先生が大好きです。
カウンターの内側から、いろんな人を見てきたマスターですが、
傅先生には、観音様のような、温かく大きく眩しいオーラを感じるそうです。
ちょうど1年前に、病が判って、また傅先生にお会いできるか心配していましたが、再会叶い、
私も感無量でした。

実は、マスターの病が判った時、私は傅先生にメールをしました。(今考えたら厚かましい)
傅先生からはもちろん、太極拳をやりなさいとアドバイスを受けました。
7式を、1日に最低でも3回。そして、抗癌剤はやめたほうがいいと。
その時のマスターは、太極拳をやれる状況ではなかったので、
傅先生の動画をマスターのタブレットに入れ、マスターに毎日観てくださいとお願いしました。

こうして今年も、傅先生に料理を食べてもらうことができたことは、ありがたいことですし、
これからの治療のステップアップになると思います。

今回また、「太極拳をやりなさい」と言われ、ちょっとその気になっていますよ、マスター(笑)
 癌のある肝臓に手を当ててもらっています。マスター、何か感じているようですよ。
↓去年と今年の比較です。お二人とも、あまり変わっていませんが、
マスターは去年のほうが少し疲れているかも。傅先生は、ますます凛々しい顔立ちに。
マスターは去年、この写真を見て、自分が異常に痩せていることを恐れ、精密検査を受けました。
また、来年も再来年もずっとずっと、お二人が抱き合う姿を見たいです。

傅先生は、マスターは株の動きのように、ゆるやかに上下しながら回復していくでしょうとおっしゃいました。傅先生のWeChatには、栁丁の様子とマスターの写真、名刺の写真がアップされ、
世界に配信されました。日本語ができる人の予約限定で(笑)告知をしてくださり、それはきっと、
マスターの元気の源が料理をすることだと、傅先生も感じ取ってのことだろうと思います。
(過去に、お店の告知等の記事を見たことがないから!)

これは、私の個人的な自慢です↓(笑)  ね、幸運を運んでくれそうなお顔でしょ♡




2017年9月10日日曜日

傅先生 来福

ちょっとバタバタしていました。
エアコンをつけなくてよくなって、身体が元気になってきました。

9月初めの週末、今年も、傅先生が,福岡に来てくださいました。
今回は、北海道→盛岡→福岡→広島→千葉(受け入れ団体本部)というスケジュールでした。




今回も、とても勉強になって幸せ感あふれる講習でした。
太極拳の動きを習っているというより、
その奥にあるもの、すべての感覚をもって太極拳を実践し感じましょうという印象でした。
中沢さんの通訳も、いっそう解りやすくて、途中で中沢さんの講習を聞いているみたいでした(笑)

休憩時間の控室、宴会の余興で使う小道具が、いたくお気に入りで・・・
 
眼鏡、付けたまま講習やっちゃってました(^^;

太極拳は、大きな愛をもって、敬うもの。気持ちを込めたギフトなんだと。
私、感動して。いろいろ聞きたかったけど、言葉が・・・英語も全然上達してなくて(汗

私は、心も広くないし、達観超越できない人間だけど、
自分にまっすぐでいたいといつも思っています。でも、世の中はそれだけでは渡っていけない。
でも私は、あえてそれだけで渡っていきたい。
でもそうすると、傷ついたり裏切られたり回り道したり・・・
傅先生は、若いのに、責任や重圧など計り知れないストレスを抱えている。
なのにどうしてそんなに温かく、かつ勇敢でいられるのか。。。

みたいなことを、必死で伝えていたら、
「ワカリマス、ワカリマス、マサヨ、OKデス」
人生は、楽しまなければ意味がない。
いつも勇気をもってチャレンジしなさい。
チャレンジすることが生きる価値です。って話してくださいました。
見ている人は見ているし。
うん、頑張る。

今年は、私が所属している会の30週年と傅先生の福岡講習が始まって15周年ということで、
祝賀会も開催され盛りだくさんでした。
三代館長、吉永先生にも、ご来臨いただき、ちょっと感動的でめっちゃ弾けた祝賀会でした。
 
中沢さんの話では、全国回っていて、福岡には若い人が多いそうです。
40過ぎても若いなんて、太極拳界ってステキ☆
ゲストは「日向ひょっとこ踊り隊」
我々太極拳仲間では、絶対盛り上がると確信してお呼びしたのですが、大当たりでした。
傅先生も大好き、私も右端で踊っていますよ~(笑)