2017年12月16日土曜日

12/3 お味噌づくり

もう12月も後半に入ってしまいましたね。
気ぜわしくて、声が大きくテンション上がりっぱなしです。

さて、今年のお味噌づくり。
サプライズの連続でした。
場所は、私が公私ともにお世話になっているご婦人の別邸なのですが、
料理家として活躍しているお嬢さん大塚瞳さんの仕事場でもあり、

向こう側のキッチンと、こちらのダイニングを使わせていただきました。
瞳さんは、食空間演出家という肩書きもお持ちで、
ランチの際の食卓のしつらえもしてくださいました。

説明する私
頑張るマスター
皆でコネコネ
写真が寄せ集めなので、サイズがバラバラでごめんなさい。
瞳さんも、味噌づくりからランチまで参加してくれて、
世界を飛び回って活躍する瞳さんの話に、ワクワクドキドキでした☆

この場所は、普段ほとんど使っていないそうで、
参加者の皆さんをお見送りした後、「何もないのだけど・・・」と言って、
土鍋でご飯を炊いて、自家製のお漬物と一緒にねぎらってくださいました。

ご自身の考えと仕事に対するポリシー、いろんな食材の話もたくさん聞きました。
自家製の干し葡萄と柚子ピール

意識の高い人と話すのは本当に楽しい。
マスターも、退院直後の身体でしたが、最後まで楽しかったと言ってくれました。

マスターが病気になってから、私自身、この手の活動に弱気になったいたのだけど、
またやる気が湧いてきました。

自分が一つ一つやっていることが、本当に一本の太い道筋になっていることに、
必然の奇跡を感じます。
すべてに感謝しています。

2017年11月29日水曜日

お味噌づくり

毎年開催していたお味噌づくり。
マスターが患い、お店を閉め、開催は難しいと思っていたけれど、
今年もギリギリになりましたが開催できることになりました。

急に決まって、バタバタと周囲に声を掛けてみましたら、
あっという間に定員になり、嬉しかったです。
逆に、急すぎて、参加できなかった方々、ごめんなさい。

キッチンがついた会場を貸してくれる方が現れ、
マスターも頑張って料理を作って、
私も頑張って大豆を茹でます(笑)

マスターは、元気なころに比べてだいぶん小さいサイズになってしまっていますけれど、
気力充分、感性鋭利、ポジティブシンキングです。
大事な時期、口に入れるものには特に気を付けています。
実は、マスター。病院食を食べていません。注文すらしていません。
断続的に続けている抗癌剤の副作用も、
ドクターや看護婦さんが感心するくらい軽いそうです。

今度のお味噌づくりの時には、ちょっと髪の毛が抜けているかもしれません。
ご本人は、それが楽しみのようですが。

↓大豆5キロ。浸水中。
 
↓野菜室が、麹で占領されております。




2017年11月17日金曜日

島国根性か(笑)

素直じゃないことは、もったいないなぁ・・・・
と思うことがあります。

外をまずは拒絶する、よくいうと保守的というのは、島国根性なのかなあもと思います。
大陸文化は、新しいものも古いものもとりあえずは受け入れ、
そこにはお互いにストレスもなく、それそれが重なり合うこともなくけんかすることもなく、
それぞれに個性を保ちながら混在できる懐の広さがあります。
悪く言えばガチャガチャなのだろうけど。

日本人は、秩序や規則を重んじるばかりに、自分の個性や心の声を封印してしまうような、
お利口さんの欠点もあるような気がします。

自分に軸ができていれば、他を受け入れても、自分がガチャガチャになることはありません。

「〇〇〇だから、〇〇〇できない」ではなくて
「〇〇〇したい!」という自分の直感が、その人をその人の正しい運命に導く、
そういう反射感覚は、太極拳と食が研ぎ澄ませてくれると感じています。

私にも、日々いろんなことがあって、百喜百憂し、瞬間瞬間で取捨選択をしていて、
それはいちいち考えているわけではなく、なんとなくの感覚なんだけど、
あまり間違っていると思わない。
でも、もっともっと素直になりたい。
あまりにも素敵な話に出会うと、私の元来の「幸せ回避症」が、
「いや、こんなうまい話があるわけがない」というネガティブ思考にしてしまうのだけど、
ここは素直に受け入れて、まずはやってみよう!という強い私になりたいな。

先日、上海蟹を食べる機会がありました。
蟹の胴体の黄色いところは苦手だったんだけど、あまりに薦められて食べてみると・・・
ビックリの美味しさ♡
素直って、美味しいのだね!!

2017年11月3日金曜日

ついに出た・・・

蓄積した疲労により、ついに、私の身体のバランスが崩壊してしまいました。
昨夜、レッスン中に、突然の蕁麻疹・・・

会社、太極拳、資格の勉強と、睡眠時間があまり取れない日が続いて、
しかも交感神経がかなり亢進していたので、疲れていることにまったく気づかないという始末。
「おい、キャパ超えてるよ」と身体からのメッセージ。

一晩、ゆっくり寝たらよくなりましたが、
また夕方になると出始めました。
かゆい・・・(笑)
ということで、久し振りにブログなど書いて気晴らし♪

今お勉強しているテキストに、とてもいいことが書いてありました。

「他の人に指導することを決めた時、それは多大な責任を引き受けることを意味します。
指導は専門的職業の中でも崇高な職業の1つです。
皆さんは、他の人々のために知識を授ける機会が与えられます。

生徒は、自分達が個人として尊敬・尊重されることを信じ、そして皆さんと共に過ごす時間の中から、何かを得られることに期待して皆さんのところへ来るのです。
そして指導においては、生徒の健康や快適な暮らしに大きな影響を与える機会が与えられます。
つまり、皆さんは生徒の人生を変えることができるのです。
生徒と一緒に行うエクササイズなどを選択する際、この認識を常に基本としてください。
賢い選択を行ってください。
(中略)
偉大な指導者となるためには、多くの年月を要しますが、皆さんが誠意や誠実さをもって生徒を指導することで、生徒もこれに応え、皆さんの熱意が良い指導者から偉大な指導者へと導いてくれます。」

まさに、私も、いつもこういう気持ちで指導をしています。
最初から「偉大な指導者になろう」と言って偉大な指導者になることはできません。
日々、太極拳の良さをどのように伝えたらいいか、
生徒ちゃんの不調をどのように解消したらいいか、
そういうことを考えさせてくれる生徒ちゃんたちが、まさに、私を育ててくれているのです。
「偉大」という言葉の定義はわからないけれど、
私は、「ただの指導者」にはなりたくない。
その人の人生の、「糧」になるような、そういうものを汲み取ってもらえるように頑張らなければと、いつも考えています。

まぁ、熱い(笑)
交感神経、亢進してますでしょ??

最近、六本松が、にわかに都会になりました。
そこのスーパーに売っていたお菓子。。↓ほぼ餡子。
これ、大好きで、中華街に行っては買いだめしていたお菓子なのですが、
中華街のお店では、こんな小切りではなくて、大きなのが買えました。
ここは福岡六本松。割高だけど仕方ない。飛行機代だと思おう。
さ、勉強勉強っ(^_^;)




2017年10月20日金曜日

経験は宝物

私が、イベントで放送係をやったり、宴会で司会をやったりするのは、
たぶん、高校時代の放送部の経験から、
人前で原稿を読むことにあまり抵抗がないからかもしれません。
(アドリブは、ダメダメです)

あまり皆がやりたくない役柄のわりに、私が「誰もやりたくないならいいよ~」ってな感覚で引き受けられます。

毎朝、NHKのAMラジオを聴くのですが、
たまたまFMになっていて、どこかの民放の放送が流れていました。
そこから、なんだか聞いたことがある名前が・・・
高校の部活の後輩でした!

すごい!ラジオのパーソナリティー(って言うの?)ではありませんか?!
当時から上手な子でしたが、そのかわいらしく瑞々しい声は変わりなく、
ただしゃべりがしっかりになって、名前と声で、すぐにわかりました。
あの頃から、声のお仕事にあこがれて頑張っていたのか、たまたまそうなったのかわかりませんが、
とても懐かしく、そしてとても感慨深く感じました。

私は、高校部活時代、アナウンス部門ではなくて、朗読部門だったのですが、
NHK杯のコンテストで、実は全国大会にも行きました(笑)
なのに、今は、もう、レッスンも噛み噛みで・・・・情けない。

彼女に気づいてから、いろんなことを思いめぐらしました。

顧問の先生が、それはもう厳しくて。
物理の先生だったのですが、物理室と放送室が、不幸にも対面にあって、
まずい校内放送をしてしまうと、物理室の窓がバンッと開いて、
「誰かぁ~今のはぁ~~⤴」と、野太い声のゲキが飛びます。
また、例えば「紅葉の葉」という言葉を読むとします。
だいたい、決まって
「お前は、その紅葉の葉をイメージして読んだのか?え?
どれくらいの大きさで、どんな色で、どんな質感で、どんなところにある紅葉なんだ?
晴れの日か?曇りの日か?朝か?夜か?」みたいな質問攻めにあうんです。
「お前の声から、俺はどんな紅葉か想像できないんだよ!見えないんだよ!情感がないんだよ!」
なんて、高校生に言われても・・(苦笑)
それだけ、丁寧に作品を読めということだったのでしょう・・・
私は逆に「アンタはいったい何を言っているんだよぉ」と心で思っていましたが。

そんな訓練は、その後の人生に、本当に役に立ちました。
まぁ、めんどくさいこともありましたが(笑)

太極拳が楽しく感じることができたのも、その先生のおかげだと思うし、
物事一つ一つに丁寧に取り組むクセがついたのも、
どれだけ気持ちを込めたかは、口でアピールしなくても相手に伝わるということもわかりました。

「とかく物事を分類して名前をつけたがるのが人間の人間たる所作」だと、
よりによって理系の知人が言っていましたが、そういう目に見える「名前づけ」も、
訓練や心の持ち方という見えない部分と表裏一体であるような気がするし、
結論があって、それがどうしてそうなるのか、紐解いていくことが素晴らしい勉強だと感じます。

今まさに、私の勉強していること、
太極拳が東洋的ならば、新しい勉強は西洋的で、それが互いに理解を深め、
時間を忘れてしまうほど楽しいです。

文字にし言葉にし説明できるほど、強く濃く自分に落とし込むことを大事にしなければいけないと思う反面で、「なんとなく」という感性も大事にするべきだと感じます。

記事の内容とは関係ないのですが・・・
この写真、ちょっと感動的☆

傅先生のWe Chat にアップされていた記事の写真です。
スペインのマドリード空港だそうですが(たぶん)、傅先生が着ているシャツ!!
先月、来福された際、私がプレゼントしたんですぅ( *´艸`)
スペインでも講習されたみたいです。




2017年10月13日金曜日

今年は終わった・・・

体育の日、毎年恒例の福岡市の太極拳のイベントが終了。

今年から新しいメンバーを入れたり、
参加予定のメンバーが病気をしたり、
私の心の中では、当日まで波乱万丈ありました。

大会当日、放送班の班長だったのですが、
スタッフも参加者も、みーーーーーんな、私より年長者なので、
走らせてはいけない、立たせてはいけない、と、すべてが私になるわけで・・・・(笑)
今年の大会は、本当に疲れました。

また、当日は、肝心の自分のチームのことがおろそかになってしまいましたが、
毎年参加しているメンバーが、ちゃんとしてくれて、助けられました。

 
 

平均年齢75歳(以上)のチームも頑張りました。この笑顔に救われます(泣)
 
 
その後の、打ち上げのビールが美味しいこと!
私は、打ち上げにかなりこだわるのですが、
それは、1つ1つの出来事を、すべていい思い出で終わらせたいからなのです。
終りよければすべてよし。
いい記憶は、次回へのエネルギーになります。
それぞれの個性が、いい具合に交わって、10倍も100倍も充実するような、
そんなコーディネイトをしたいなぁっていつも考えています。
(上手くいかないこともあるけどね)
 
このイベントが終ってから、なんだか私には秋風が吹いています。
黄昏ていてはいけませんね。
さ、もうひと踏ん張り!
 

2017年10月1日日曜日

名刺の次は・・・ そして。

私の生徒ちゃんに、歯科技工士の女性がいます。
私の通っている歯科医院の技工士さんなのですが、彼女は私と同じくらいの年齢で、
リウマチを持っていて、ずっと治療をしています。
太極拳を初めてまだ1年経っていないのですが、肩関節が痛くて上がらなかった腕が、
万歳ができるまでになりました。そして、巻き爪が治ったそうです。

私は、ここ1年位で、ちょうど10年位前に治療した歯達が、一斉にメンテナンス時期を迎え、彼女のいる歯科医院にせっせと通っております。(歯科貧乏でっす)

土台の治療が終わった、とある歯。最終的な調整をする前に仮の歯を入れておかなければいけないのですが、仮と言っても、日々使うモノなので、やっぱりちょっとお高いものをチョイス。
そして彼女に「カッコイイやつ、お願いね」と冗談で言っておいたのですが、出来たものがコレ!

なかなかの絵心です!今、私の口の中で、魔除け石みたいに鎮座しています。
一生仮歯でいいかも(笑)

私は、太極拳においては、経験も造詣も感覚も、まだまだ未熟者で、
偉そうなことを、全くもって言えない身でありますが、
この先、自分がなんらかの病を患ってしまったとしても、太極拳はやめないと思います。
教えることはやめるかもしれないけど、自分の養生のために、太極拳を続けます。

実際に、多少身体がきつくても、微熱があっても、関節が痛くても、
太極拳をやるとすっきりします。血液の循環がよくなって、免疫力が上がるからだと思います。

傅先生も三代先生も、具合が悪くなったら太極拳をやりなさいといいます。
その通りだと思いますし、自分の生徒ちゃんにも、周りの人にも、そう強く言いたいです。

でも、やはり、各個人にそれぞれの事情や考えがあり、また、その病気に対し、どのように効果があるかなど詳細に聞かれれば、私には責任を持てる自信はありません。
身体全体の機能を上げることで症状が改善されるものだし、感じ方には個人差がありますし。

病や怪我、家庭の事情などで、太極拳をやめていく生徒ちゃんを見ると自分の力不足を感じます。
逆に「太極拳をやめたらおしまい」と言って、必死に教室に通ってくれる生徒ちゃんを見ると、
使命感に駆られます。

太極拳は、ただの運動ではないと思います。
目に見える運動効果は、数値としても実証されていますが、
集中することによる精神の安定、
身体と向き合うことで宇宙とつながる不思議
整うことで聞こえるメッセージ 
そこに、病と向き合う答えが見つかるのです、どう生きるかのヒントがあるんです。

「病は、人生の軌道修正のチャンスだ」と岡部先生はおっしゃいます。
病にどう向き合うか、私はそこで、その人の人としての価値が試されていると考えています。
世間一般の優劣ではなくて、宇宙規模で、その人に課せられた使命に気づく機会だと思います。
自然界の食物連鎖のように、小さなバクテリア1匹にも、宇宙全体での存在価値がある。
ただ、その役割や生き方は、人それぞれに違います。
でも、答えは、きっとその人の中にある。

何をしなさいと言っているわけではないし、
長生きすることがすべてじゃないし、
病気が悪い、ましてや、患った人が悪いと言っているわけでもありません。
試練が大きいほど、試されているのです。

病を治すためだけに太極拳をやるわけではなく、
太極拳をやることが、
ある局面に立たされたとき、自分がどのように生きて行けばいいのか、
それを見つけられるための訓練となってほしい。

人の命は、誰にもわからない、摩訶不思議の世界です。神のみぞ知る?
健康オタクの人が大病したり、日々不摂生で長生きしたり、
お金持ちが長生きするわけでもなく、最高の医療が何でも治せるわけでもない。
たとえ小難しい病名が付けられたとしても、
自分の治し方は、潜在的に自分が知っているんです。
知らず知らずにそれに気付けた人が、知らず知らずに神様の声を感じた人が、
知らず知らずに、そこそこ幸せに人生を送れているのではないかな。
その幸せも、客観的にははかれない、自分だけの幸せ。

大きく寛容に繊細で、
柔らかく暖かく強い。

あんまり言うと、「アイツは正気か?」と言われかねないので、こんな話はどこででもしないのだけど、あるところへ行けば、当たり前のことです。

情報に翻弄されず、自分を信じて、心柔らかに。
ニュートラルには、アソビも大事。そして笑顔を忘れずに。

私も、日々苦悩しています。
だから太極拳をやるんです。

私自身がいざ患った時に、どれだけ勇敢でいられるかはわかりません。
人一倍凹むと思います。ずっと泣いていると思います。
だけど、どこかで、説明できない自信が私を支えてくれるような気がします。

もっと、太極拳の素晴らしさを感じ、人に伝えられるようになるために、
来月からある資格の講座を受講します。

私にかかわるすべての人が、みんなみんな、元気で楽しくいて欲しいです。

2017年9月22日金曜日

私はいたって真面目です

あんなに食べていた、きゅうりとバナナとトマトソースを、
まったく欲しなくなった今日この頃。

行動より思考の時間が多くなり、
ニュースより音楽が聴きたくなったり、
バスの中で爆睡したり・・・・?
秋だなぁ。

毎年体育の日に開催される「福岡市武術太極拳交流競技大会」、今年も参加します。
楽しくやりたい、いちにの会。
しか~し!!(笑)
注意事項に

 あ、私達は大声を出したことはありませんし、他チームからクレームを受けた事もありません。
むしろ、観ていた方々からお誉めの言葉をいただきました。

ほんとイヤらしい(>_<)
殻を破ると叩かれる。どこにいても、私の宿命なのですが。

この大会の運営は、毎年持ち回りで各団体が担当をするのですが、
10年位前かな?私の団体が運営担当になって、私が初めてパンフレットの作成を担当した時、
皆が捨てずに、思い出としてとっていてくれるような素敵なものを作ろうと思いたち、
表紙に挿絵を入れ、レイアウトも見やすく変更し、結構頑張りました。
特に費用が掛かったわけでもないのに、
ある役員から「こんな邪魔くさいもの載せて。今までのほうがよかった」とキツイ言葉を浴びました。
でも、皆は誉めてくれました。
そして、その年から、表紙は挿絵入りになりました(笑)

そういうことが、私のいる太極拳環境では多すぎる。
学びたい人が学ぶ自由を制限され、能力がある人が引き上げられる機会に恵まれず、
情報も制御されていて、ずっと井の中の蛙のまま。

それだと、業界自体が廃ってしまうのに。

協調性とは、人の言いなりになることではなくて、個性が調和することだと思います。
世渡り上手なんて言われたくない。

でも最近は、「結局私が思った通りになるんだよね☆」ということが多いので、
腹も立たなくなりました。

余談ですが、私の父の、幼少期のアウトローぶりはすごいです。ある意味1人学級?
小学6年生のクラスの集合写真。一人だけ、よその国の子供みたいでした。。。すべてが(笑)
写真を見せられて「どれがお父さんかわかる?」と聞かれたので、
「この子では、ないよね?」と言って、真っ先に指をさした先に映っていた子が父でした(笑)
(そういうのはイヤです。)

名刺を作りました。

もらった人が幸せになりますようにと、思いを込めて作りました。
裏面の金色のハートがポイントです。金運も・・・・(笑)
ハ行とマ行って、ここちよい響きで好きなんです。

2017年9月11日月曜日

傅先生 栁丁へ

傅先生一行は、木曜日に福岡入りされましたが、
金曜日の夜は、マスターと私のたっての希望で、栁丁にお連れすることができました。
マスターとも4年くらいになるかな。
マスターは、傅先生が大好きです。
カウンターの内側から、いろんな人を見てきたマスターですが、
傅先生には、観音様のような、温かく大きく眩しいオーラを感じるそうです。
ちょうど1年前に、病が判って、また傅先生にお会いできるか心配していましたが、再会叶い、
私も感無量でした。

実は、マスターの病が判った時、私は傅先生にメールをしました。(今考えたら厚かましい)
傅先生からはもちろん、太極拳をやりなさいとアドバイスを受けました。
7式を、1日に最低でも3回。そして、抗癌剤はやめたほうがいいと。
その時のマスターは、太極拳をやれる状況ではなかったので、
傅先生の動画をマスターのタブレットに入れ、マスターに毎日観てくださいとお願いしました。

こうして今年も、傅先生に料理を食べてもらうことができたことは、ありがたいことですし、
これからの治療のステップアップになると思います。

今回また、「太極拳をやりなさい」と言われ、ちょっとその気になっていますよ、マスター(笑)
 癌のある肝臓に手を当ててもらっています。マスター、何か感じているようですよ。
↓去年と今年の比較です。お二人とも、あまり変わっていませんが、
マスターは去年のほうが少し疲れているかも。傅先生は、ますます凛々しい顔立ちに。
マスターは去年、この写真を見て、自分が異常に痩せていることを恐れ、精密検査を受けました。
また、来年も再来年もずっとずっと、お二人が抱き合う姿を見たいです。

傅先生は、マスターは株の動きのように、ゆるやかに上下しながら回復していくでしょうとおっしゃいました。傅先生のWeChatには、栁丁の様子とマスターの写真、名刺の写真がアップされ、
世界に配信されました。日本語ができる人の予約限定で(笑)告知をしてくださり、それはきっと、
マスターの元気の源が料理をすることだと、傅先生も感じ取ってのことだろうと思います。
(過去に、お店の告知等の記事を見たことがないから!)

これは、私の個人的な自慢です↓(笑)  ね、幸運を運んでくれそうなお顔でしょ♡




2017年9月10日日曜日

傅先生 来福

ちょっとバタバタしていました。
エアコンをつけなくてよくなって、身体が元気になってきました。

9月初めの週末、今年も、傅先生が,福岡に来てくださいました。
今回は、北海道→盛岡→福岡→広島→千葉(受け入れ団体本部)というスケジュールでした。




今回も、とても勉強になって幸せ感あふれる講習でした。
太極拳の動きを習っているというより、
その奥にあるもの、すべての感覚をもって太極拳を実践し感じましょうという印象でした。
中沢さんの通訳も、いっそう解りやすくて、途中で中沢さんの講習を聞いているみたいでした(笑)

休憩時間の控室、宴会の余興で使う小道具が、いたくお気に入りで・・・
 
眼鏡、付けたまま講習やっちゃってました(^^;

太極拳は、大きな愛をもって、敬うもの。気持ちを込めたギフトなんだと。
私、感動して。いろいろ聞きたかったけど、言葉が・・・英語も全然上達してなくて(汗

私は、心も広くないし、達観超越できない人間だけど、
自分にまっすぐでいたいといつも思っています。でも、世の中はそれだけでは渡っていけない。
でも私は、あえてそれだけで渡っていきたい。
でもそうすると、傷ついたり裏切られたり回り道したり・・・
傅先生は、若いのに、責任や重圧など計り知れないストレスを抱えている。
なのにどうしてそんなに温かく、かつ勇敢でいられるのか。。。

みたいなことを、必死で伝えていたら、
「ワカリマス、ワカリマス、マサヨ、OKデス」
人生は、楽しまなければ意味がない。
いつも勇気をもってチャレンジしなさい。
チャレンジすることが生きる価値です。って話してくださいました。
見ている人は見ているし。
うん、頑張る。

今年は、私が所属している会の30週年と傅先生の福岡講習が始まって15周年ということで、
祝賀会も開催され盛りだくさんでした。
三代館長、吉永先生にも、ご来臨いただき、ちょっと感動的でめっちゃ弾けた祝賀会でした。
 
中沢さんの話では、全国回っていて、福岡には若い人が多いそうです。
40過ぎても若いなんて、太極拳界ってステキ☆
ゲストは「日向ひょっとこ踊り隊」
我々太極拳仲間では、絶対盛り上がると確信してお呼びしたのですが、大当たりでした。
傅先生も大好き、私も右端で踊っていますよ~(笑)

2017年8月27日日曜日

私の晩夏

残暑は厳しいけれど、秋の雰囲気が漂う空気になりましたね。

私は、引き続き、「要らないモノ処分」にはまっているのですが、
手放すことって気持ちがいいですね。
「なにか捨てられるものはないかしら」と探してしまうほどです。
アブナイアブナイ(^^;

大きな箪笥を捨てるため、毎日少しずつ解体作業をしていました。
最近、ソファを粗大ごみに出したのですが、
4階の部屋から、2人掛けソファを抱きかかえて階段を降りるときに、
通路が狭すぎて、背中で、各家のインターホンを片っ端から鳴らしてしまい、
気まずい思いをしたので、今回は解体して燃えないゴミに出そうと頑張りました。




引出しはなんとかトンカチで分解できたけど、枠がどうしてもだめで、
父にのこぎりで裁断してもらい、やっと捨てられました。

モノを解体すると、そのモノの成り立ちがわかって面白いです。
天童木工の椅子を解体したときは、感動しました。

先週、いちにの会の暑気払いをいたしました。
春から仲間が増えて、賑やかな教室なのですが、
当日は、この日を一番楽しみにしていた(いや、私の次かな)n田さんご夫婦が急遽欠席。残念。
とっても楽しくて、時間が経つのがあっという間でした。
最後は「いちにポーズ」で♡

弟のお店でやりました。西中洲の「ウタマロ」というお店です。
料理人が変わったとのことで料理が美味しくなっていました。(以前がダメダメだったので)
バーを併設しているので、お酒は美味しいです。
川沿いに建っていて夜景が素晴らしい。後ろはキャナルシティです。
皆様どうかご贔屓にm(__)m

2017年8月14日月曜日

太陽もお盆休み

清々しい雨ですね。

個人的にお盆は休みではないし、お盆がお休みの会社に勤めたことがないので、
特別感はあまり感じないのですが、世の中の空気がなんだかスローダウンしている気がして・・・
自分までもなんだかゆったりした感じです。

仕事以外のことがしたくなって、家の中では、今までやりたかったのにできなかったことを、
ちょこちょこやっているのですが・・・

1か月前くらいから、ステレオからCDが出てこなくなって放置していました。
土曜日から、いろいろやってみたけど。
銀行員時代、機械がジャムった時に、先輩が「精密機器はね、叩けば治るの」と言って、
ATMを力任せにバンバン叩いていたのを思い出し、ステレオもバンバン叩いてみます。
でもね、全然だめ。
機械は一生懸命「オエッ、オエッ」ってCDを吐き出そうとしているのに、
どこかに引っかかって出てこないんです。

メーカーのサイトを調べても修理のことが書いていなくて。
ずっと機械を眺めていると・・ん?外蓋を外せばとりあえずCDだけは取れそうなことがわかりました。ネジ6本を開けて、CD取ったらまたネジを締めれば問題ないぜ!さすがワタシ!

ということで、外蓋を取って、めでたくCDを取り出し、蓋をしてネジを締める・・・

なぜか締まらない。
え?(;・∀・)
機械ってこういうものなのか?
いや、これは機械じゃないよ、ただの蓋だよぉ~(>_<)
そのうち、だんだんネジの頭がネジ切れてきて、作業は強制終了。
ネジが途中まで刺さり、蓋がパカパカする。この姿じゃ、修理に出すのも恥ずかしいなぁ。。。

もう10年位経つし・・・BOSE様、もう寿命でしょうか。


来週は、洋服ダンス捨てるよ!

洋服や靴や家具や本は捨てられても、
自分で作った資料や、走り書きのノートは捨てられないんですよね・・・

2017年8月10日木曜日

ほっとします

素敵な時間を過ごしましたよ。
マクロビの仲間との栁丁訪問でした。





お肉無し、お野菜多めのメニューにしていただきました。

一同が感動したのが「お櫃」と「しゃもじ」でした(笑)

5人で伺ったのですが、いつも一緒にいるようなグループではなく、
それぞれにそれぞれで活動している仲間なのですが、カウンターを同じくして、
美味しい料理を頂くと、心和んで、時間が過ぎるのがあっという間でした。

マスター、ちょっと具合が悪そうでした(/_;)
でもやっぱり、マスターは、料理をする姿が一番です。

お味噌づくりも、秋には再開したいなと考えています。
11月に仕込んだ米味噌↓
 
米味噌なのに、こんなに茶色くなってしまって・・・甘くておいしい♡





2017年8月7日月曜日

夏の過ごし方?

人それぞれに、暑さ対策ってあると思うのですが、
何かとっておき、お持ちですか?

私は、厳密にいうと、暑さそのものより「暑くて出る汗」と「紫外線」がイヤです。

家を出るときには、服の下、首の後ろから背中までタオルを張り付けて、汗が服に染みないようにしたり、口に氷を頬張ったりします。
下着の着替えを持参し、会社に着いたら、速攻下着を着替えます。

氷は効果的です。顔の汗が引く気がします。
ただ、かなりブサイクになります。
昨日、口いっぱいに頬張ってバス停まで走ったら、
振動で、口から氷が飛び出してしまったので、気を付けたほうがいいと思います。

そして!夏のお風呂のお楽しみは、コレです。

表現するのが難しいんですが、
コレを入れてぬるいお風呂にゆっくり浸かっていると、だんだんお風呂の水が冷たく感じてくるんです。
ミントのガムを食べて、空気を吸うと冷たく感じるような・・・
そして、お風呂上がりに、クーラーのきいた部屋に入ると、そこは冷蔵庫☆
さらに扇風機の風にあたると、冷凍庫の冷気の感覚☆
ただ、身体の芯はホカホカなので・・・・
いつも心の中で「冷静と情熱のあいだ」とつぶやいている私(笑)

最近は、熱中症対策で、市の体育館も冷房が利いています。
スポーツクラブも、スタジオ内が暑いと、皆さんの殺気を感じます(汗)

私は太極拳をやるときは、しっかり発汗したいので、ちょっと残念です。

2017年8月1日火曜日

感覚が頼り


世の中は、誰かに仕組まれているものなのか。。。
人の生死とか天災とか、自然の摂理は神様の采配?
ならば、経済のように人為活動って、誰の企み??
人のご縁は、自然?人為?

 最近、よくもわるくも、いろんなことがつながってつながって、
私の周りをグルグルしていて少々疲れております。
 
どこかから誰かが見てるの?お芝居の台本?というような、
都合がいいように見える話がトントンやってくるもので、最近は少し覚めた目で状況を捌いています。

もともと「 自分に起こるすべてのことは、すべてに意味のあるものだ」と据えるタチなのですが、そう対応していると疲労してしまう。
その時その時に一生懸命頑張るというポリシーの私は、「わざとらしいトントン拍子」に違和感を覚えます。

 一方で、各地で起こる天災は、「長い歴史の中で見れば、必然なのかもしれない」
と、納得してしまうのです。
 
自然の人為の差かしら?
「快」と「不快」の感覚って、大事ですよね、きっと。自分の感覚を信じようっと。

↓h田さんちのゴーヤで、かき揚げ。玉ねぎと紅生姜入り。


↓今、私がハマっているきな粉菓子。
お店で見つけたら、速攻買占め!きな粉大好き!!
きな粉の味、違いわかりますもの(笑)大豆の味、焙煎の仕方とか。自慢にならんけれど。


 

2017年7月23日日曜日

もういいかい?

今のところに引っ越ししてきて1年が過ぎていました。
8月に引っ越してきたと思っていた(汗)

いつも書くけど、緑が多いって素敵。
どんなに暑くても、緑の中をすべってくる風は清々しくて。
いつも変わらず「頑張って」って言ってくれる。

太陽力絶大なので、先日は、洗濯機を4回まわして、
カーテンとかシーツとか大モノを洗い、家の中がスッキリしました。
使わないものを処分したり、人にあげたり、ネットで売ったりして、少しでも風の通りを・・・(笑)

住んでいる建物のことではないのですが、
今、自分のいるトコロがとても窮屈でなりません。
本当は、出なきゃいけないんです。
私のためにも、皆のためにも、宇宙の理のうえでも。

美しい野菜と果物たち。
↓Kバタさんちの可愛いチビベジ

↓T橋さんちの貫禄のブルーベーリー
ホトジェニック☆
というか、ホントに美しいから。

一筋の汚水も浄化できるような、
厳つい害虫も逃げていくような、
そんな強くてキレイな何かになりたいです。

2017年7月21日金曜日

美味しいね~

野菜が私を呼んでいる~
いい季節ですよね。
大地に生えているものを食べて、生きている不思議。
すごいことだと思う。
それを作っている人が、自分の知っている人だったら、
さらにミラクル!

食べているものが私を作っているの。
そう考えると、着るものや、一緒にいる人や、毎日使う道具と同じ感覚で、
念入りに、だけどインスピレーションも大切にして選びたい。

私は、お魚やお肉の鮮度、野菜や果物の美味しさの目利きがまったくできません。
だから、それを見つめて・・・・「私を食べて♡」とメッセージを感じたら「ハイッ」と選んでいます(笑)
そのことをある方にお話ししたら、
「最近の魚には、鮮度保持剤が使われているから、見た目はアテにならないよ」とのこと。
私の選択方法は、まんざら外れてもいなかったということ??(笑)

最近、チーズを食べられるようになったので、少しずつ頂いています。
シーザーサラダドレッシングなんか作ったりして。

ピーマン丼サイコー☆

2017年7月10日月曜日

お、重い

福岡に帰ってきました。
重力2倍?と感じるほど、湿度のせいで、身体がやたらと重く感じます。
東京は、ずっと気持ちのいい快晴でした。
空港から自宅へ向かうバスが、山笠の練習(?)とすれ違って、
あぁ~、帰ってきたなぁと、心が休まりました。

大会の演武ですが、
今の自分ができることの、7~8割くらいはできました。
点数はついてきませんでしたが、自分には納得しています。
合宿の後と、大会の前に、三代先生から
「練習の通りにできれば、悪い結果は出ない」というメッセージを頂いていたので、
自分を信じてやりました。

審判が変わるたびに、順位が入れ替わったり、
意外な人が上位になったりと、点数もミズモノなので、
選手として本当はいけないことなのですが、昨年あたりから、
本心は「ま、いっか」と思うようになってしまいました。

自分の中に、積み重ねができていくことを喜びに感じます。
ただ、応援してくださる方々には、いい土産話がないことを申し訳なく思うのですが。

新しい演武服が、まさかの不評で・・・(笑)
こちらのほうがガッカリです(´;ω;`)ウッ…

今年は、毎年同じ拳式に出場していた他県の仲間が、エントリーしなかったり体調不良だったりと、
私にとっては寂しい大会でした。
しかも出番が朝イチで、ちょっと孤立した感じで・・・写真がありません・・・

帰りの空港で・・・顔がむくんでますね。ほっとしています。

皆さま、ありがとう
ございました。
今後ともよろしく
お願いいたします。






2017年7月4日火曜日

準備あたふた

博多の街は、山笠に向けて、緊張感でいっぱいです。
道路は雨で濡れているのに、勢い水を打たれたかのような、清浄ささえ感じます。

私はというと、大会に向けて、緊張感というより、ワタワタしています。
会社を数日不在にするので、片付けるべく仕事に追われて、アドレナリンの分泌が・・・
やばい。
先日は、社長からの突発的な要求に、ちょっとばかし腹を立ててしまいました。大人げない。

不覚にも、数日前に飛行機のチケットを予約し忘れていることに気づき、
ANA愛用の私ですが、この場に及んではもう高くて買えなくて、
往路「空印」、往路「星揚げ鍋」(笑)になってしまった。マイルがぁ・・。
乗れるだけマシですね。
随分前にホテルだけ確保して、安心しきっていました。

切ったり縫ったり↓

 おNew演武服は、伸縮性があって、すんごく縫いにくくて、半泣きでした。
これが精いっぱい。
髪は、思いっきり切りました。スッピンだと、中学校の部活女子みたい。

そういえば、介護予防運動指導士の認定証が届きました!パチパチパチ☆
「他のメンバーは、ラインで盛り上がってるよ」って、
ラインやっていない私に、親切な子がショートメールをくれました(笑)