2018年1月13日土曜日

壮大な

別にハマっているわけではないのですが、
また料理ネタ。

先の中華おこわの記事を見た方から
「あの量、1人で食べるんですか??」と聞かれて、ハッとしてしまった。
まぁ、タイミングが合えば、会社の同僚に持って行ったりしますが、
冷凍したりできますし、基本的に1人で食べます。

でも、この質問をきっかけに、そういえば、
私は料理をするとき、大量に作ることが多いことに気が付きました。
自分をよく観察してみると
「たくさんの人に、自分の料理を振る舞う場面」を想像して作っているみたいです(笑)

昨日、食欲のないマスターに差し入れしようと思い立ち、カレーを作りました。
カレーなら食欲湧くし、少しでもいろんな種類のものが摂れるかなと思いました。

調達した野菜達。
たっくさん買い込むの大好きです。
結局これを消費するために、料理が大量になるということかしら。
葱類は先に炒めて

炒めた野菜と、きのこ以外の野菜はトマト缶と一緒に圧力鍋で
 
そして、これをミキサーにかけてドロドロにします。
カレー粉やいろいろな隠し味を入れて、カレーらしき食べ物の完成です(笑)
 


野菜の甘味が足りなかったので、バナナを入れたらチビッ子カレーみたいになってしまった。
横のバナナを見て頂けばわかりますが、我が家にある一番大きな鍋を以てしてもこの量!

さ、ジップロックを大量に買って来なければ!

2018年1月11日木曜日

冬だねぇ

真冬らしい気候ですね。
寒さにも慣れてきたような気がします。
このうえない寒さに、「あぁ冬っぽ~い」と感動したりします。

お日様も少なく、冷たくて寂しい空気の中を歩いていると、
おうちに帰りたいなぁという気持ちになったり、
家にいれば、出かけずに家仕事をしたいなぁと思ったりします。

よく考えると、ひと昔前までは、人の慣習や食べ物や文化は、
季節によって自然とそうなってきたんだよなぁと、しみじみ感じます。

ということで、無性に火をバンバン使って料理がしたい!
が、家にもお店にも材料がない!
となると、乾物や根モノを使うしかなくなる。つまりこれらは身体を温める食べ物。

中華おこわを作りました。
葱、生姜、干し椎茸、干し筍、切り干し大根、干しエビ、キノコ類、そしてお肉少しね。
あとは、冷凍庫にあった焼き栗も入れちゃおう。
今ハマっているのは、「五香粉」!これを入れたら一気に中華!
 
 
みじん切り、大好きなんです。
お正月、父に包丁を研いでもらったので、気持ちよくて何時間でもみじん切りやっていたい。

マスターの調子が良くなくて・・・

ずっと寝たきりだそうです。
この季節のように、今は、ひたすら耐え忍ぶしかないようです。
でも、春は必ずやってくるから。頑張ってほしいです。









2018年1月1日月曜日

新しい年です

毎年恒例、プツンと糸が切れたように、
なーんにもしない年末年始。
実家で、よそのお財布で材料を買って、
よその光熱費で料理をするのが私の楽しみ(笑)

今年はどんな年になるのでしょうか。
毎年思いを馳せても、予想だにしないことばかり起こるので、
今年も、流れに乗せられながら、ご縁を大事にして、頑張るだけです。




本年も、
どうぞ、よろしくお願いいたします。

2017年12月28日木曜日

海外進出か!

濃厚な一週間が過ぎ、あとは慣性の法則に任せる如く・・・・
と、気が抜けたのか、今日は寝坊をしてしまい、ビックリでした。

さて、
このブログのトップにもあるイラスト。
これでTシャツを作って自分で着たり、欲しい人には販売しています。
このマークを身につけたら、幸せになれるんだって思いが詰まっています。

以前の記事に、傅先生が私がプレゼントしたシャツを着て下さっていたことを書きましたが、
9月来福の折に、自分のところでもこのマークを使いたいとおっしゃってくださっていました。

いろいろとやりとりいたしまして・・・
ジャーーーーーン!!!!
鳥肌が立ってしまいました。
すごい!有言大実行( ゚Д゚)
オジサンもオニイサンも、申し訳ない・・・

皆さん気に入ってくださっているとのこと。(ホントかいな!?)

ロゴは、傅先生のアドバイスにより私のほうで「Taichi is love」に変え、
シャツ自体のデザインは傅先生がされました。合作です!!

身に余る光栄、です。


2017年12月16日土曜日

12/3 お味噌づくり

もう12月も後半に入ってしまいましたね。
気ぜわしくて、声が大きくテンション上がりっぱなしです。

さて、今年のお味噌づくり。
サプライズの連続でした。
場所は、私が公私ともにお世話になっているご婦人の別邸なのですが、
料理家として活躍しているお嬢さん大塚瞳さんの仕事場でもあり、

向こう側のキッチンと、こちらのダイニングを使わせていただきました。
瞳さんは、食空間演出家という肩書きもお持ちで、
ランチの際の食卓のしつらえもしてくださいました。

説明する私
頑張るマスター
皆でコネコネ
写真が寄せ集めなので、サイズがバラバラでごめんなさい。
瞳さんも、味噌づくりからランチまで参加してくれて、
世界を飛び回って活躍する瞳さんの話に、ワクワクドキドキでした☆

この場所は、普段ほとんど使っていないそうで、
参加者の皆さんをお見送りした後、「何もないのだけど・・・」と言って、
土鍋でご飯を炊いて、自家製のお漬物と一緒にねぎらってくださいました。

ご自身の考えと仕事に対するポリシー、いろんな食材の話もたくさん聞きました。
自家製の干し葡萄と柚子ピール

意識の高い人と話すのは本当に楽しい。
マスターも、退院直後の身体でしたが、最後まで楽しかったと言ってくれました。

マスターが病気になってから、私自身、この手の活動に弱気になったいたのだけど、
またやる気が湧いてきました。

自分が一つ一つやっていることが、本当に一本の太い道筋になっていることに、
必然の奇跡を感じます。
すべてに感謝しています。

2017年11月29日水曜日

お味噌づくり

毎年開催していたお味噌づくり。
マスターが患い、お店を閉め、開催は難しいと思っていたけれど、
今年もギリギリになりましたが開催できることになりました。

急に決まって、バタバタと周囲に声を掛けてみましたら、
あっという間に定員になり、嬉しかったです。
逆に、急すぎて、参加できなかった方々、ごめんなさい。

キッチンがついた会場を貸してくれる方が現れ、
マスターも頑張って料理を作って、
私も頑張って大豆を茹でます(笑)

マスターは、元気なころに比べてだいぶん小さいサイズになってしまっていますけれど、
気力充分、感性鋭利、ポジティブシンキングです。
大事な時期、口に入れるものには特に気を付けています。
実は、マスター。病院食を食べていません。注文すらしていません。
断続的に続けている抗癌剤の副作用も、
ドクターや看護婦さんが感心するくらい軽いそうです。

今度のお味噌づくりの時には、ちょっと髪の毛が抜けているかもしれません。
ご本人は、それが楽しみのようですが。

↓大豆5キロ。浸水中。
 
↓野菜室が、麹で占領されております。




2017年11月17日金曜日

島国根性か(笑)

素直じゃないことは、もったいないなぁ・・・・
と思うことがあります。

外をまずは拒絶する、よくいうと保守的というのは、島国根性なのかなあもと思います。
大陸文化は、新しいものも古いものもとりあえずは受け入れ、
そこにはお互いにストレスもなく、それそれが重なり合うこともなくけんかすることもなく、
それぞれに個性を保ちながら混在できる懐の広さがあります。
悪く言えばガチャガチャなのだろうけど。

日本人は、秩序や規則を重んじるばかりに、自分の個性や心の声を封印してしまうような、
お利口さんの欠点もあるような気がします。

自分に軸ができていれば、他を受け入れても、自分がガチャガチャになることはありません。

「〇〇〇だから、〇〇〇できない」ではなくて
「〇〇〇したい!」という自分の直感が、その人をその人の正しい運命に導く、
そういう反射感覚は、太極拳と食が研ぎ澄ませてくれると感じています。

私にも、日々いろんなことがあって、百喜百憂し、瞬間瞬間で取捨選択をしていて、
それはいちいち考えているわけではなく、なんとなくの感覚なんだけど、
あまり間違っていると思わない。
でも、もっともっと素直になりたい。
あまりにも素敵な話に出会うと、私の元来の「幸せ回避症」が、
「いや、こんなうまい話があるわけがない」というネガティブ思考にしてしまうのだけど、
ここは素直に受け入れて、まずはやってみよう!という強い私になりたいな。

先日、上海蟹を食べる機会がありました。
蟹の胴体の黄色いところは苦手だったんだけど、あまりに薦められて食べてみると・・・
ビックリの美味しさ♡
素直って、美味しいのだね!!